文字の大きさ

背景の色

昭和町社会福祉協議会では、訪問介護員(ヘルパー)を次のとおり募集します。

 ○募集職種
 ・訪問介護員(ヘルパー)

○募集人数  若干名
 ・労働条件等は規程によります
 ・詳細はお問い合わせください

 ○採用期間
 ・採用決定後から令和7年3月31日まで
  ※勤務成績が良好な場合、再採用を行うことがあります

 ○選考方法
 ・第一次審査  書類選考
 ・第二次審査  面接

 ○応募資格
 ・令和6年4月1日現在、65歳未満で、普通自動車運転免許、及び自家用車を所有し、業務に使用できる方
 ※ヘルパー資格の有無は問いません

○活動内容
 ・在宅福祉サービス支援
  (軽度生活援助、友愛訪問、総合事業訪問型サービスA等)

○活動時間
 ・週に4~5時間程度

○時  給
 ・活動内容ごと
 ・詳細はお問い合わせください

 ○応募方法
 ・昭和町町社会福祉協議会へ履歴書及び職務経歴書を募集期間内に提出すること

 ○募集期間
 ・令和6年3月8日(金)まで 

 ○申込み・問い合わせ
 採用担当 電話:055-275-0640

2024年2月2日

 下記のとおり、山梨県共同募金会から助成事業案内がありました。

 つきましては、申請希望の場合は、6月20日(月)までに申請書等(書類の正本1部・副本2部)を当会宛てにご提出くださいますようお願いいたします。

 また、車両競技公益記念財団が設定する申請期間が非常に短い為、具体的な計画がある保育所等以外の申請は難しいと考えられますので、その点はご承知おきください。

 ※本年度は紙媒体での周知ではなく、当会HPでの周知になりますので、各申請に必要な資料をダウンロードしていただき、ご提出をお願いいたします。

2022年6月9日

当会の令和6年度事業計画を更新しました。

内容はコチラ➡令和6年度事業計画

2024年3月26日

先日、令和5年度最後の「昭和町災害・防災ボランティア連絡会」の定例会をおこないました。

連絡会を立ち上げてから3年が経ちました🍂

最初は何から始めればいいのか・・。どんなことをするのか・・。私たち事務局も会員の皆様も右往左往していました。

そんな中、毎月20日(休日祭日は前日)に開催する定例会や災害ボランティア養成講座の開催など様々な経験、体験を積んでいき、今では20名の会員が日々昭和町のために「災害・防災」について考え、活動をしております!

令和5年度は「ロープワーク講習」「AED講習」「県地震防災訓練での災害ボランティアセンターの設置運営訓練」「非常食の作り方」「近隣市町との災害防災対策交流」など様々な活動を行うことができました。

令和6年度も「被災地支援活動」や「各種講座」など様々な計画を予定しておりますので、ぜひ興味のある方は社協へ連絡をいただければ幸いです!

「災害」はいつ起こるかわかりません!

一人一人が少しでも意識を持っていれば、災害時に必ずその意識が役に立ちます!

ご連絡お待ちしておりますm(__)m

昭和町社会福祉協議会(災害・防災ボランティア連絡会事務局)055-275-0640

【非常食の作り方・ハイゼックス使用法】

【ロープワーク講習:山梨県キャンプ協会講師】

【グループワーク:県社協講師】

【AED講習:日本連合警備講師】

2024年3月21日

詳しくはコチラ➡ コレカラ教室のページ

2024年3月14日

令和6年1月1日(月)に発生した能登半島地震に関連する情報は次の内容をご参照ください。


全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 特設ページ
 https://www.saigaivc.com/202401notojishin/tokusetsu/

義援金の受付について(日本赤十字社)
 https://www.jrc.or.jp/contribute/help/20240104/
赤十字活動資金と義援金の違いについて(日本赤十字社 山梨県支部)
 https://www.jrc.or.jp/chapter/yamanashi/help/

支援金の受付について(中央共同募金会)
 https://www.akaihane.or.jp/news/34909/


当会におきましても、義援金募集を目的とした募金箱を設置いたしました。
お寄せいただきました義援金は、日本赤十字社をとおして被災地へ全額送金いたします。
皆さまの温かいご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

※被災地の社会福祉協議会では、被害状況の確認や被災された方からの支援依頼の連絡調整などに対応中です。
 電話やメールでのお問い合わせはお控えください。

 最新の情報については、被災地内で活動する社会福祉協議会の公式ホームページ等をご確認ください。

2024年1月5日