いきがいクラブ4地区 ボランティア活動等表彰

9月に開催された第57回山梨県老人福祉大会において、全国老人クラブ連合会 および 山梨県老人クラブ連合会より会員増強活動およびボランティア活動の功績が認められ、昭和町いきがいクラブ連合会から4地区が表彰されました。
翌月、各地区会長が町長へ受賞の報告を行い、町長より祝福と激励の言葉が贈られました。


◆全国老人クラブ連合会 100万人会員増強運動特別賞受賞 
≪飯喰いきがいクラブ≫
※全国運動として推進している「100万人会員増強運動」において1年間で16名会員を増やした事が評価され受賞。


◆全国老人クラブ連合会 活動賞「ボランティア活動部門」受賞 
≪西条二区いきがいクラブ≫
※西条二区公会堂の花植え活動を、10年以上にわたり定期的に行っていることや、この活動に会員が多く参加している事が評価され受賞。

≪西条新田いきがいクラブ≫
※西条新田区公会堂の花植え活動や、花の水やりを会員が1日置きに当番制で行っていること、また、国の有形登録文化財として登録されている「杉浦醫院」の清掃活動を毎年数回行っている事が評価され受賞。

◆山梨県老人クラブ連合会 会員増強運動優秀賞受賞
≪飯喰いきがいクラブ≫ 16名増
≪紙漉阿原区いきがいクラブ≫ 9名増
※前年度会員増強運動活動の成績が優秀でその功績が認められ受賞。

いきがいクラブの会員は現在約560名。
平成25年度は約500名でした。
県内で会員が減っているクラブが多い中、昭和町が増加傾向にあるのは、毎年各地区で様々な活動を実施したり、日々非会員への声掛けを行っていただくなど、役員だけでなくでクラブみんなで会を盛り上げてくれているお陰だと思います。
今回受賞された地区はもちろん、他の地区でも受賞は逃したもののすばらしい活動を行っています。
今後もいきがいクラブのさらなる活躍と発展を楽しみにしています♪

2018年11月13日