今年のマス釣り大会は、つかみ取りもやりマスた!


今年で26回目を迎えた親子ふれあいマス釣り大会ですが、今回は押原中学校のプールをお借りして開催しました!
「プールで実施するので、つかみ取りもやってみたいです!」と、例年の釣りのみの大会とは違います。

シーズンを終えたプールは大体こんな感じ。
しばらくするとプールには藻が生え始めますので、大会直前に掃除をします。
改めて水を張り込んだプールへマスの放流をおこないました。
半日の間にマス釣りとつかみ取りの両方を楽しんでいただこう♪という計画です。
もちろん、大会終了後にも掃除をして中学校へお返します。

 

 


排水作業にかかる水中ポンプの用意や清掃作業は昭和町建設安全協議会(以下、昭建会)の皆様によるご協力です。

大会当日は大型台風接近にともない生憎の雨。
事前申込に対して6割程度の参加となりましたが、会場はとてもにぎわっていました。
プールの中には40㎝クラスのマスが何匹も泳いでいマス。
小さいのから大きいのまで、引きの強さなんかも楽しめるようにと養鱒業者さんからのご提案です。
釣りにはロマンが必要なんですわぁ~と笑い飛ばす養鱒業者さんは魚も釣りも愛しています。

放流前にはプールの水を口に含み水質の確認をするほど愛しているんです。
愛してやまないマスを丁寧に送り出す瞬間には感動しました。
開会式を終えると、当会事務局長のカウントダウンで釣り始めます。

一斉にでる竿の光景と『釣れた!』の声に一先ず安心しました。
釣果は様々ですが、釣りを楽しんでいただけたと感じます。
カウントダウン直後から『つかみ取りの準備のため』排水が始まりますので、仕掛けの棚の高さを忙しなく調整しながらの釣りでした。

 

みんなの釣果発表



予定した水深になったところで初の試み、つかみ取りを始めます。
当会会長によるカウントダウンで始まりますが・・・、やってくださいました。

景気よく5!
と言い放ち
4!
と続くかと思いきや3!?
なんでやねん!
と会場に居合わせた全員が思ったのは言うまでもなく爆笑です。
5の次は4かぁ~
と、気を取り直し無事にカウントダウンが終わると子どもたちが一斉にプールへ入ります。

 

突然のことに驚き逃げ回るマスも、優しさを見せ素直に捕獲されます。天気も悪く既に濡れている方も多いのですが、親御様の心中は穏やかではなかったとお察しします。
10月も下旬で雨。合羽を着ていても寒いんです。
子どもたちが風邪をひいたらどうしようかなぁと心配になりました。
心配はしているのですが、全身びしょ濡れになって縦横無尽に駆け巡る元気な姿を見ていると何物にも言い難い感情がこみあげてきます。
子どもたちはもちろん、親御様の楽しそうな声が聞こえてくると涙腺がヤラレそうにもなりました。

計画していた時間を裏切るスピードでつかみ取りは終了。
放流したマスは一匹も残ることがなく皆様の手元へと無事に納まりました。
大粒の雨が降る中、今年度の大会は終了です。
ゴミの回収にも協力をいただけたことで撤収作業も短時間で終了することができました。

「釣りもつかみ取りも楽しんでいただきたい!」けれども両方の環境を準備するためには何をどうすれば?
プール設備の排水のみでは短時間で水深を下げることは不可能でした。とても大きい問題でしたが昭建会の皆様の技術的な協力もあり無事にやり遂げることができました。

来年も釣っちゃいマスか? つかみ取り、しちゃいマスか?

 

2017年10月27日