山梨県共同募金会昭和町分会


「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です

共同募金のシンボルの赤い羽根を使用することになったのは、第2回目の運動からです。
「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。

赤い羽根共同募金とは・・・

運動は毎年1回、北海道から沖縄まで全国いっせいに行われるため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間(10月1日~12月31日)が決められています。
12月は歳末たすけあい募金もあわせて行います。


共同募金について

ひとり、ひとりのやさしさが、住む町を、もっと、やさしくしてくれます。

共同募金の仕組み

昭和町内で集められた募金の約70%は、町を良くするために使われています。誰かのためにと思って募金をしたら、自分の町のための、募金でもありました。
みんなで集めた募金は、自分の町を良くする活動に使われています。

助成額を決めてから募金(寄付)を集める仕組みです。

共同募金は、使い道や集める額を事前に定めて、募金を募る仕組みです。これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にすることにより、理解と協力を得やすくしています。また、「助成計画」があるからこそ、1世帯あたりの目安額などをさだめて募金を集めることができます。もっとも、寄付は寄付をする方の自由ですから、目安額はあくまで目安に過ぎません。(地域によってその額や方法に違いがあります)

災害にも共同募金は使われています。(山梨県共同募金会)

大規模な災害が起こった際のそなえとして、各都道府県の共同募金会では、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。

共同募金の使われかた

共同募金の助成は、高齢者サロンの運営やボランティア活動、障がい児者を対象とした事業、地域福祉事業への助成など、さまざまな民間社会福祉活動を支援しています。


お寄せいただいた寄付金は、次のような流れで支援を必要としている施設や団体に届けられ、役立てられています

 

皆様からお寄せいただいた寄付金は、昭和町分会から山梨県共同募金会へ全額送金されます。
その後配分額が確定され、地域の福祉施設や昭和町分会を通じて還元されます。

昭和町での使い道は、以下のとおりです。

昭和町社会福祉協議会を通じて様々な配分金事業が行なわれています

あったかサービス事業

市町村社協地域福祉活動事業

ボランティア活動事業

地域社会福祉事業

重点配分事業

 

地域福祉活動団体推進事業

 

さまざまな募金活動の展開方法

 

 

 ※共同募金会のホームページへ

<お問い合わせ先>
昭和町社会福祉協議会内 
山梨県共同募金会 昭和町分会
事務局担当まで
☎055-275-0640